読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨムとかなろうとかに投稿した自分の小説のアクセス増えろー!


読まれたい!!!!

 

自分はこのブログの他に、小説なんかも書いてます。

カクヨムとかなろうとかに投稿していますが、正直全然読まれないです。

 

もっともっと読まれたい!

 

自分は自己顕示欲が性欲の次に強いので、めちゃくちゃ見られたがりなのです。

 

このブログに関してだって、まだ始めたばっかりなのですが、アクセス数執拗に気にしたりしています。まだ気にするような段階じゃないって分かるんですけどね。二日目だし。

 

でも、気になるものは気になるんだよーーーーーーー。

 

という訳で今回は、ブログや小説などの創作物を見られたくてたまらない感情から起こった、自分の普段の奇想天外な行動一覧を紹介します。

 

自分は自己顕示欲が強いためにこんな変なことをやっています。

 

 

 アクセス数増えないかなあって思いながら、ページを何度もリロードしている。

 

特に投稿してから十分ぐらいは、高橋名人かよってぐらいめっちゃF5連打しちゃっています。

投稿してしばらくたってからも、スピードが遅くなりますが、まだF5連打しています。
で、アクセス数増えないなあってなって、諦めて布団に入るのですけれども、今度はスマホで確認したりします。

次の日の朝は、だいたい早く目覚めます。起きたら速攻でアクセスを確認します。全然上がっていないのを確認して(夜中だから当然)、
二度寝をします。

そしてそして、会社に行ってからもトイレに行く度にスマホを開いてアクセス数を確認しています。

うん、くどい。

あるとき気が付きました。このアクセス数を気にしている時間を掻き集めて、もう二つぐらいは記事が書けるんじゃないかと。

 

 

布団に入ってから感想やコメントの妄想

 

ある程度時間が経ってきて、まあそれなりにはアクセス数が増えてくると、今度は感想が恋しくなります。

自分は寝る前に布団で、あの人はこのような感想を言ってくれるかなーとか、あの人はこういうふうに褒めてくれるだろうなーとか、アホみたいに妄想しています。

これが止められないのです。
そしてその妄想をしたときには、感想をもらった夢を見ることがあります。目が覚めると、感想が来ていないことを知ってがっかりします。

 

 

twitterとかで、作品を投稿したことをつぶやくとお疲れ様ですとか言われるが、実際は読まれていないんじゃないかって思う

 

いや、お疲れ様ですとか言ってくれるのすーーーーーーーーーーーーーーーーごくありがたいよ。

でもだいたいそういうこと言ってくれる人って、他の人にも分け隔てなくお疲れ様ですって言ってるの。

だから、本当にお疲れ様ですって言った人の作品全部読んでくれてるのかめっちゃ気になる。全部読むの大変でしょあれ。
もちろん読まなくても、お疲れ様ですって言っていいんですよ。でも!やっぱり!気になる。
読んでますかって聞きたいんだけどね、勇気がない!その人との関係が壊れそう!いやそんなことで壊れないと思うけど!

 


やっぱりアクセス数は増えて欲しいし、感想は欲しい。

 

でも、その感情に振り回されすぎて時間を無駄にしたり、人の親切にケチつけたりしちゃいけないなって思いました。

 

あー、読まれたい。

 

マンホールの「うすい」と「おすい」ってなんだ?

今回は恐ろしくどうでも良いことを書きたいと思います。

 

マンホールってあるじゃないですか。

 

あるじゃないですかっていうか当然皆知ってると思うんですけども。


そのマンホールに、「おすい」とか「うすい」とか書かれているのってご存知ですか。

あれって自分子供のときすっごい気になってたんですよ。

 

なんだあれは、と。

 

マンホールって地域ごとに違った絵が描かれているんです。でも、その絵よりも「おすい」「うすい」がちっちゃい頃の自分に気になってしょうがなかったです。

 

一日中町中のマンホールを探しまくって、「おすい」「うすい」の文字を見かけると、何かしりませんが独りでわいわい喜んでいました。

 

ただこの「おすい」「うすい」の意味は当時まったく知りませんでした。


ってかなんだよこれ。

今でも分かんねーよ。

なんでおすいとうすいの二種類があるんだよ。どうやって使い分けてんだよ。

 

で、この間この「おすい」「うすい」の意味がある日突然気になってですね、ちょっと調べてみたんですよ。

そしたら、おすいは「汚水」で「うすい」は「雨水」って意味らしいです。

 

 

 

 

…………

 

 

まあまあまあ。大半の読者は「で?」って思うでしょう。正直自分も書きながら「なんでこんなくだらんこと書いてるんだろう」って思っています。
(でもくだらないことが書きたかったんです!)

 

本題に戻ります。んでんでんで、更に調べてみると「おすい(汚水)」って書かれているものは、台所などから出てきた生活排水のためのマンホールらしく、「うすい(雨水)」って書かれているものは、大雨が降ってきた場合に道路が水浸しにならないよう水を落っことすためのマンホールらしい。
へぇへぇへぇ。

 

これトリビアの泉に出したりしたら、どのくらいのへぇつくんだろう。

 

これでちっちゃい頃の疑問は解決。めでたしめでたし

 

でも意味は分かったけど、なんで漢字で書かずにひらがななんだろう。「うすい」って子供のとき完全に「薄い」って意味かと思いましたよ。

 

 

カップ焼きそばあるあるを頑張って20個挙げてみた

こんにちわーす。

最近暑い。暑すぎる。まだ5月だよなおい。

エアコンつけたい。でも5月でつけるのは罪悪感ある。だから扇風機で我慢。

夏になってくると、カップラーメンとかは食べたくない。だからカップ焼きそばの方を食べる。焼きそばだったらお湯ないし、熱くなくて夏でも食べやすい。

という訳でカップ焼きそばをスーパーで三つ購入してきました。
で、カップ焼きそばってさあ、作るとき結構失敗するじゃん。
お湯を捨てる前にソースを入れちゃう! とかさ。しかも、何回も同じ失敗するの。

今回はそんな「お湯を捨てる前にソースを入れちゃう!」みたいな「カップ焼きそばあるある」を纏めてみたよ。頑張って20個挙げてみました。(20だよ。褒めてすごい頑張ったから)。中にはこれはあるあるじゃねーよっていうのも混ざってるかもだけど、そこはスルーだ。

じゃあいきますよ。

 

1.お湯を捨てる前にソースを入れてしまう

まあこれは定番だよね。湯切りするときに「しまった!!」って思う。

 

2.かやくを入れ忘れたことにお湯を捨てるときに気がつく

これも良くある。で、硬いままのかやくを麺に載せて食べてみたりする。普通にクソ不味い

 

3.ちゃんとかき混ぜなくて下にソースが貯まる

最後の方がしょっぱくてしょっぱくて。

 

4.ちゃんとかき混ぜなくてキャベツが容器の端に寄る

最後にキャベツを掻き集めてキャベツだけで喰うことになる。

 

5.お湯を捨てるとき、手が滑って麺を流しにぶち撒けてしまう

これが一番悲惨だ。洗えば喰えるか!? いやあ流石に汚いか。っていう葛藤が生まれる。結局捨てちゃう。

 

6.ステンレスの流しにカップ焼きそばの湯を捨てると「ボンッ」という音が発生し、ビビる

どこか壊れたんじゃないかって思うよね。特にちっちゃい頃は。

 

7.ソースを入れた後はかき混ぜるが、マヨネーズを入れた後はかき混ぜない。その方が美味そうに見える

マヨネーズはかき混ぜると見た目がよろしくない。

 

8.大盛りの方のカロリーに唖然とする

焼きそばってラーメンよりもカロリー多いんすよ……。んで、大盛りとなると1000kcal超えちゃってるのとかある。

 

9.付属のふりかけの袋を開けるとき、隣のスパイスの方まで一緒に開けてしまう

スパイスはかけたくないのに……。

 

10.お湯を入れない状態で、ひとつまみくらい最初に食べてみる

チキンラーメンみたいな感覚で。だがとにかく味がない。

 

11.「お湯をここまで入れてください」っていう線を厳密に守ろうとするが、カップラーメンと違ってそんな几帳面に守らなくても良いことに気がつく

お湯捨てる訳だから適当でいいじゃん。麺がちゃんとお湯に浸かっていればよし。

 

12.湯切りするとき、お湯が手にかかってやけどする

アッチッチッチッチッチッチッ。

 

13.いちどお湯を捨てないで食べて見ようと思うが、だいたい味の想像が付くので試さない

試したことある人いる?

 

14.お湯を入れて三分待つ間、ソースを上に載せて温める。ふりかけの方も一緒に温める。

ふりかけは温めてもしょうがないやろ。

 

15.タマゴを入れると美味い。ただ、タマゴを入れればとりあえずなんでも美味くなるということに、ちょっと敗北感がある

ラーメンにもタマゴ。うどんにもタマゴ。焼きそばにも……。なんかタマゴ強すぎて悔しくなってくる。

 

16.ソースの袋をちょっとだけ開けて、レーザー光線のように麺に発射する

そして失敗して容器を外に発射。

 

17.「カップ焼きそばって焼いてないよね」っていうお笑い芸人
ネタを何回も見る

超定番のネタ。

 

18.お湯を入れた後、テーブルの上に置いちゃう。後で湯切りするのだから流しに置いて置けば良いことに気がつく

なんでいちいちテーブルに持ってきちゃうんだろうね。

 

19.賞味期限とか気にしたことがない

別に一年ぐらい過ぎたって喰えるっしょ。賞味期限だし。消費期限ならやばいけど。

 

20.ソースの袋をぷにぷに触って遊ぶ

わーい! たのしー! 
すごーい! 君はカップ焼きそばが作れるフレンズなんだね!

 


疲れた! 20個上げてみたぞ!!
どれくらい当てはまりましたか。良ければコメントで教えて欲しいです。
こういうあるあるネタの記事はこれからもたくさん書いていきます。っていうかメインコンテンツにする予定です。

それはそれとして、カップ焼きそばって美味いですよねやっぱり!今日も暑いし昼に食べる予定です!

いやーおっぱいおっぱい。

もやしをいためつける

さて、これで十記事目ですね。
本日最後の更新です。

最後は一人ぐらしの料理について書こうと思います。

 

自分は一人ぐらしをしているので、家事を自分でやらないといけない訳ですが、自分はほとんど料理ができません。
包丁が怖いのです。尖っているものが苦手なのです。もし誤って落として足に突き刺さったらとか妄想してしまうと、もう持てなくなります。
という訳で包丁が使えません。
基本的にキャベツとかを炒めたり鍋にしたりするときは、手でちぎります。はあ? って思う人もいるかもしれませんが、結構手でもすばやく千切れます。まあ、キャベツの千切りとかはもちろん包丁がないとできませんが、そんなものは作らなければ良い(たまに食べたくなるけど)

 

自分がよく作るのはもやし炒めです。これが最強なのです。もやしは野菜の中でも格段にやすいです。近くの業務スーパーだとひとつ20円とかで売ってます。
で、このもやしを豚肉とか鶏肉とかタマゴとかと一緒に炒めます。
炒めて炒めて炒めまくります。

 

炒め終わったら味付けをします。
この味付けがポイントなのです。
毎回同じ味だと当然飽きますよね。なので、自分は味付けを変えることで飽きがこないようにしています。ポン酢、焼肉のたれ、マヨネーズなどなど、調味料はたくさんあります。焼肉のたれの中にも塩ダレ味とか色々ありますので、それらを変えることによって楽しめます。

 

もやし炒めは非常に作るのが楽です。苦手な包丁を持たなくていいし、炒めるのに時間もかからない。
という訳で、自分は週7回夜ごはんがもやし炒めとかザラにあります。
お金がないという理由よりも、めんどくさいという理由が大半です。
いやー本当にめんどくさい。なんで皆仕事終わって疲れているときにちゃんとしたもん作れるのか謎すぎます。いや無理やろ。せいぜいもやしを炒めることしか自分にはできません。

まあ他のもたまに作りますが、休日とかは。


まあ、とりあえずもやしは最強ということです。
問題はもやしに栄養がどれくらいあるのかってことですが、調べてみると、結構あるみたいです。特にタンパク質が豊富らしい。
まあビタミンがちょっと足りなくなりますが、そこはアセロラジュースか玄米で補うしかないでしょう。
アセロラジュースはスーパーで安く買えますし、玄米はamazonとかで効率的に買えます。

遅刻しないために、スマホのアラームを複数かける

なんかすごいたくさん記事書いてますけど、初日だからですからね。
明日からはもうこんなに書かないと思います。だいたい一日三つぐらいにします。
たくさん書いても質が伴わないと意味がないからね、最終的には。

 

んで、今回はとある社畜あるあるについて書こうと思います。

 

みなさんは「遅刻」ってどれくらい怖いでしょうか?

 

社風にもよるでしょうが、大なり小なり遅刻はなるべく避けたいと思うのが普通でしょう。怒られるし、評価も下がりますからね。こんなことで評価が下がってしまってはたまったもんじゃないと思う人が多いでしょう。

それで、遅刻をしないために、ついつい、スマホのアラームを4つも五つもかけている人、いるんじゃないですか。

 

自分もそうしてます。特に酒を飲んだ日とかどう考えても危ないので、アラームを七つぐらいはかけておきます。(明日仕事がある日は酒を飲むなとは言ってはいけない)
スマホのアラームをたくさんかけておけば安心できます。まあ、4つもかけておけば、どこかのアラームでは起きれますからね。


睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠というのがあります。レム睡眠は浅い眠りで、ノンレム睡眠は深い眠りです。人間は眠っている間、レム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しています。
浅い眠りのレム睡眠のときに、スマホのアラームが鳴ってくれれば良いですが、そうではない場合、起きれない可能性が多いにあります。

なので、アラームを時間をずらして複数かけておけば、どれかがレム睡眠のときに当たるでしょうから、非常に合理的に思えます。

 

ただ、スマホのアラームをたくさんかけるといかんせん隣の人からクレームが来そうなのが心配です。一日に四回もうるさくしたらもうね。それが不安ですね。

 

将棋系youtuberの人たち

電王戦についての記事をこの間書きましたが、今回は将棋系youtuberについて書こうと思います。

今youtubeなどの動画サイトなんかで、自分がネット対局した動画をアップしてお金を稼いでいる人が結構多くいます。
youtuberの中では比較的マイナーな方ではありますが、結構多くのファンを獲得しているyoutuberの方もいます。
それだけ将棋というものが今現在注目されているということでしょう。

将棋系youtuberには例えばどういう人がいるのかというと、こういう人です。

 

 

将棋実況チャンネル【クロノ】

www.youtube.com

 

この方が一番有名ですかね。将棋の段も三段とかなり強いです。この人の魅力はなんといっても対局しながら、「ここはこういう意図があってこうさして」ということを事細かに教えてくれることでしょう。声も聞き取りやすいですし、動画数も多いです。

 

アゲアゲ☆将棋実況

www.youtube.com

 

 

この方はとにかく将棋がめちゃくゃ強いです。将棋ウォーズで六段です。おそらくアマチュアトップクラスでしょう。それもそのはずで、このアゲアゲさんという方は元奨励会員です。
この方は将棋の対局動画の他にも、プロの棋譜を並べながら手の意味を解説する動画も多く上げています。棋譜ならべは将棋を上達させる近道ではありますが、なかなか継続が大変です。なのでこの人の動画の棋譜並べで勉強すると良いでしょう。

 

元奨励会員アユムの将棋実況

 

www.youtube.com

 

タイトルで分かると思いますが、この人も元奨励会員です。あれですねプロになれなかった奨励会員は就職が大変という話がありますが、将棋youtuberみたいに活躍できる場ができたっていうのは良いですね。この方はとにかくよく新戦法を多用します。プロでもまだ公式戦で使ってないような新戦法を動画で披露してくれます。その新戦法の中には覚えさせすれば、相手を上手くハメれるようなものも多く、この動画を参考にして新戦法を習得すれば、それだけですぐ勝てるようになるかもしれません。

自意識過剰あるある

自分の性格の中で恐ろしく自覚がありすぎるものがあって、それは何かというと、自意識過剰すぎるところです。
今こうやってブログ記事を書いていますが、このブログは指で数えるくらいの閲覧数しかありません。そりゃあそうだ、だって初日だし。
でも、これから閲覧数が増えてきたら、読者にどう思われすぎるか気にしすぎて、文が書けなくなるんじゃないか、という不安が、割とあります。その前に閲覧数が増えるかどうかですけれどね。
まあ、それはそれとして自意識過剰な人っていっぱいいると思うのです。そこで今回は自分の自意識過剰の生活による体験を何個か書こうと思います。自意識過剰は人はこれを読んで「ここまでひどくはないわあ」と思ってください。共感できてしまった人は「自分たけじゃなかったんだ」って思ってください。

 

まず一つ目、子供のときに一人称を変えるのが困難だった。

 

私、僕、俺。自分のことをどう呼んでいるかって結構人それぞれだったりします。性格だとか親の教育とかで別れますよね。
んで、自分は男なんですが、一人称はずっと「うち」でした、四年生ぐらいまで。
うちっていう一人称は女の子なら良く使うことが多いと思うんですが、男で使っている人はあんまりみないですね。
で、うちっいう一人称を使うのはおかしいんだってことに小学2年生が気がついたんですが、自分は結構四年生まで変えられなかったです。
だって急にぼくとか俺に変更したら、周りから突っ込まれるじゃないですか。それが怖かったんですよね。っていう突っ込まれなくても、「あーぼくに変わってるー」って周りから思われるだけでも辛いと感じます。自意識過剰だからです。

 

二つ目、職場で席から立てない。

 

トイレとか行くときに、席を立つ訳ですが、自分は席を立つとき異様に緊張してしまいます。
上司とかに、トイレに行く頻度が多いと仕事をサボっていると思われる可能性があると考えてしまうからです。
本当は上司はそこまで見ていないって分かるんですよね。でも気にしちゃうんです。

 

今回は子供のときの大人のときの代表的な自意識過剰を上げてしましたが、まだまだエピソードはたくさんあります。
という訳でまた今度書きます。